プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の日
今日は『昭和の日』だそうな。
一昨年からそう決まったんだと。
聞いてないよぉ~!!
なんか知らないうちに決まってしまったって感じ。

昭和ってキーワードを使われると私の好きなレトロ昭和を真っ先に連想して
なんだか懐かしいイメージ・温かいイメージを持ってしまうが、この昭和の日
成り立ちを調べてみると、そうホンワカした話だけではなさそうだ。
そりゃそうだよなぁ・・・
私が子供の頃、4月29日といえば天皇誕生日だったワケだし。
私なんて今もって天皇誕生日というと12月23日よりも4月29日を真っ先に
思い浮かべてしまうもんなぁ。
んでもって20年近くかけてやっと覚えた『みどりの日』は去年から5月4日に
シフトしてる。
もうワケわかんない!!

とりあえず昭和の日。

syouwa.jpg


スポンサーサイト
西へ
776134158_148.jpg

私はヒジョーにせっかち。
なんでもチャッチャとやってしまわないと気が済まない。
他人の動きの鈍さにイラつくことも多い。
そういう風に教育されてきたし当たり前のことだと思ってた。
でもそれがちょっと特別なことだと知ったのは故郷を出てからだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はるかな昔
大勢の人々が東北地方南部辺りから西へといっせーのせで移動した。
なんでだか分からないけど、とにかくスタートした。
せっかちな者、のんびりとした者、いろいろなタイプの人々が各々のペースで
歩を進めていく。
気の早い連中がトップ集団を形成し、今で言う群馬県と長野県の県境辺りまで
来たとき前に立ちはだかる浅間山が偶然にも噴火した。
驚いた先頭集団は西への移動を中止し、後から続いていた少しのんびり
とした一団も前が詰まったので順々に止まることになった。
そして止まった場所でそれぞれが定住し群馬・栃木・茨城に住む人々の祖に
なったのではないか?
そんな訳で北関東の中でも群馬県は矢鱈とせっかちな人間が多く、栃木や茨城の
人はのんびりゆったりとした人が多いのではないかと思うのだ。

更に言わせてもらえば
群馬県の中でもとりわけ北西部ほどせっかちな人が多いような気がするのだか、
こうした背景に加え、浅間山の溶岩流を逃れ生き抜いて来た記憶が重なり
「のろましてたら死ぬぞ、溶岩に呑み込まれて死ぬぞ」
みたいな強迫観念が素早く動くことを美徳とする生活習慣を形成したのでは
あるまいか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、県民性云々の番組を見ていて群馬県代表の井森美幸のテンションの高さと
栃木県代表の小田茜&茨城県代表のマギー司郎の朴訥さのコントラストが妙に
おかしかった。
群馬県出身の私としては井森のハイテンションは別に特別なものではなく
あーゆー人は周囲にたくさんいたので「まぁ・・群馬らしいちゃ群馬らしいな」
と思ったくらいだったけど。

さて、以前から漠然と感じていたこの北関東3県の県民性の違いを説明するのに
「大勢で西に向かった」という作り話はどうだろう・・・
こんな阿呆な事を考えはじめたのが数年前。
話し言葉で人に説明したことはあるけど、文字に起こしてみたのは初めてなので
なんだかまとまりが無いが、忘れないうちに記しておきました。


おそまつ。

めし
1962144_3358565786.jpg


食堂の看板で「めし」の二文字。
なんて直球勝負な表現なんだろう。
こういうの大好き。
三船敏郎扮する用心棒がふらりと立ち寄りそうな、そんな響きがある。

めし看板。
国道沿いにこういう看板を見かけなくなって久しい。
子供の頃はわりと頻繁に見てたような気がするのだが何処に行ったんだろう?
「お食事」とか「ランチ」とか、そんなフヌケた表現に変えてしまったんだろうか?
それとも時代に押し流されあえなく潰れてしまったんだろうか?
後継者がいなかったのだろうか?
良く分からないけど、ほんとに少なくなったよ。

時々親父がこの「めし」看板を掲げている店に連れて行ってくれた。
こういう所で食べるどんぶり飯の迫力が少年のチャレンジ魂を育てたものだ。
そんなことを思い出しながら車を走らせてたら見つけたのが上の写真。
時刻は12時を少し回ったところ。
よし!今日はここで昼飯だ。

店内に入る。
思いっきり昭和な店内。
OK・・・期待通り。
さて、お品書きの一部

me.jpg


この調子で3ページ分あり
安い。

玉子焼き定食とか目玉焼き定食とかモヤシ定食とかが気になる・・・
この写真にはないが、どんぶりモノも麺類も気になる。
う~ん・・・どうしよう??
迷った時は一番出てそうなメニューを選べって言うではないか。
誰がだ?
ま、そういうことで日替わりをオーダーした。
でも、良く考えたら私以外の客は皆常連さんみたいだ。
だからみんな日替わり頼んでたのかな?
一見さんで日替わりもねーか・・・と思いつつ待つ。

出てきた日替わり定食

mesi.jpg


小海老とイカを寄せ揚げしたようなフライが目玉。
デジカメで写真撮ってる私を不思議そうに常連が見ている。
そうだろうなぁ・・・(笑)
まぁ普通に旨かったよ。
でも、お上品なグルメ野郎には近寄って欲しくないがね・・・
と、やさぐれた三船敏郎の気分でがっついた。

お支払いの時、店の人に思わず聞いてしまった。
「ここのモヤシラーメンはトロっとしてるやつ?それともさらっとしてるやつ?」
要は広東麺みたいに片栗粉でとろみをつけてるかどうかを聞きたかったのだが
変な表現だったかな?
でも店員さんはちゃんと理解してて「うちのはさらっとしてる系です」と・・
「よしゃ!!じゃ、今度それ食べに来ます!!」と言って店を出た。
いいとこ見っけた(喜)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。