プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私をスキーに連れてって
昨日は2月14日・・・
世間ではバレンタインデーで浮かれていたが、こちらは相変わらずの吹雪。
そう、ブリザードである。
朝一番で除雪をしている時にいきなり思い出したのだが・・・

you.jpg

mariko.jpg

gt4.jpg


今を去ること20年前の1988年2月14日
"田山さんにサロット一式を届けるため、ツアーコースで万座に向かいます”
この書置きを残して池上優は単身万座へ向かった。
「ばっかやろー」
矢野は優の後を追うのだった。



ちなみに・・・
本物のブリザードのなかでは「ストックにつけた鈴の音」なんて絶対聞こえない(笑)



スポンサーサイト
濃茶の尼
何の前触れも無く唐突に頭に浮かんで来るキーワード。
しかもそれが何なのか思い出せないモヤモヤとした感覚・・・
分かるかなぁ?

私、よくあるんですよ。
そういうこと。

最近は後からネットで確認できるのでだいぶ助かってるけど、ネットでもペケで且つ自力でも思い出せないレアなキーワードの時などは気持ち悪くて仕方がない。

今日、仕事中に頭に浮かんできた謎のキーワードは『濃茶の尼』
はて?なんだっけ??
確かに聞いたことがある。
それから先、私の頭の中では、ずっとキーワードの検索作業だ。
手だけがしっかりと仕事をしている(笑)
はて、濃茶の尼、こいちゃのあま・・・
尼っていうくらいだから人物を指しているんだよなぁ・・・きっと。
駄目だ!思い出せない!!


仕事が終わるとさっそくパソコンを立ち上げた。
ところがネット検索を待たずしてOSの起動中にいきなり件の濃茶の尼を思い出したのだ。


1962144_4201331244.jpg


『八つ墓村』に登場し「祟りじゃ~~」を連呼する人騒がせなババア。
そうだ、そうだ、濃茶の尼ってのはこのバァさんだった。
一応、謎が判明したのですっきりしたけど何でこんなの思い出す必要があったんだろうか?
ものすごく下らない事に時間を費やしてしまった気がする・・・反省。



金田一さん
419098891_35.jpg


419098891_31.jpg


この年末、BSで市川崑監督の金田一シリーズ5連発をやってる。
嬉しいなぁ・・・
ワタクシにとって このシリーズはバイブルである。
最初に見たのは中学の頃かな?
以来ずっとこのシリーズの虜になっている。

基本は推理モノだけど何十回も観ているので当然犯人も動機も全て
分かってる・・・当たり前だけどね(笑)
それでも尚、見続けるのは市川監督の描き出す映像美と古めかしい
日本の因習やそれを育む風景が好きだからだろう。
要は市川ワールドの様式美を楽しむ映画シリーズなわけだ。
もちろん石坂浩二をはじめとして加藤武や大滝秀治、三木のり平
などのキャスト陣もお気に入りではあるんだけどね。

『犬神家の一族』
「よし、分かった」の迷台詞でお馴染みの等々力警部が大活躍(?)
「人間には二種類しかいない、悪いやつと、いいやつだ」
って台詞回しが実に良かったす。

シリーズ中、最高傑作との評価も高き『悪魔の手毬唄』
等々力警部とはまた趣の違う磯川警部(若山富三郎サン)が実に
いい味なんだよなぁ。
あまり語るとアレなのでアレだけど・・・とにかく必見です!!

419098891_64.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。