プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェリーブラッサム
seiko2.jpg


毎年、この季節になると「春」をテーマとした楽曲をいくつか思い浮かべ
そのナンバーは例の脳内BGMとして頭の中にとめど無く流れ出るのだが
「チェリーブラッサム」もそうしたラインナップのひとつである。
松田聖子の夥しいヒット曲群の中にあっては少し地味目なポジションであるが
財津和夫が作った明るい曲調が、まだ初々しい彼女に良く似合ってる。
と、そんな風に思う。

この人は私よりもひとつ年上だ。
同年代の旧友たちの中には彼女のファンがたくさんいた。
私はそれほど夢中にはならなかったのだが、瞬く間にトップアイドルの
階段を駆け上がっていく彼女は連日のようにブラウン管に露出したので
私の記憶と印象にも彼女の歌声と笑顔はごく自然と刷り込まれていった。

それほどのファンではないので僭越だが、もし「彼女の曲の中で一番好きなのは?」
と尋ねられたら、おそらくこの曲を挙げるだろうなぁ。


♪ツバメが飛ぶ青い空は 未来の夢 キャンバスね

新しいことが始まる春、未来の夢が無限にあって
夢を語ることに何のためらいも無かったあの頃
頭の中にしっかりと刷り込まれていたフレーズを今聞くと遠い目になる。

♪自由な線 自由な色 描いて行くふたりで

あの頃は真新しいキャンバスにまずどんなラインを引くのか、それを決めるのが
不安でしょうがなかったのに、今では自由な線を思い通りに描ける頃がとても
懐かしくもある。
二十数年の時間の中で何度も何度も絵の具を重ね塗りしたキャンバスには
重々しいマチエールが広がってしまった。
描き直しをしようなんてとても思えない・・・かな?(笑)

こんな風に今とのギャップ、そのコントラストを強く感じるのは歳月を経て
いるので当然だが、それでも尚この曲が好きだ。
純粋に未来を夢見ていた青い頃が思い出されて、なんとも気恥ずかしくなるが
あの頃の自分もまた自分なんだと再認識し、今の自分がココロモチ前向きに
なれるような気がするのだな。

やっぱり春はいい。


スポンサーサイト
クリスタルモーニング
石川優子というアーティストを初めて知ったのはコルゲントローチのCMだった。
1980年ということだから私が高校の頃だなぁ・・・。
CMに使われている曲は彼女自身三枚目のシングルであるクリスタルモーニング。
なんだか同級生みたいな親しみ易いルックスとタイトル通り透明感のある歌声
なによりも、その歌唱力に惹かれた。
翌年、JAL沖縄キャンペーンソングに使われた「シンデレラ・サマー」がヒットし
ザ・ベストテンなどテレビへの登場回数も増えた。
あの頃彼女がDJを勤めていたMBSのヤングタウンも良く聴いてたなぁ・・・
関西ローカルの放送だったから群馬県では電波状況が悪過ぎて雑音だらけだったけどね。
1984年にはCHAGEとのデュエット「ふたりの愛ランド」がまたもやJALの沖縄キャンペーン
ソングとして大のヒット。
この辺が歌手活動の頂点だったかな。

その後、1990年7月に引退。
1994年には元マネージャーの方と結婚とのこと。
引退と結婚の話は今回調べてみるまで知らなかったわさ。
今どうしてるんだろうなぁ・・・
幸せであるように・・・と何故か願うのであった。





素足のBye-Bye Step
655998407_178.jpg


ちゃんちゃこの音源はあっさり見つかったけどこれは無いだろうなぁ・・・
いろいろ探してたらかろうじてレコードのジャケ写だけは見つかったけれど
これですら残ってるなんて奇跡に近いわ。

知ってますか?アトリエの『素足のBye-Bye Step』

♪時計よ早く回れ 時計よ早く回れ 早くあなたを 忘れさせて

知ってる人はほんと少ないだろうなぁ・・・
これホントに聴きたいんです。
何か手掛かり無いかなぁ・・・



テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。