プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーミン系トリビア
youming.jpg


以前、どっかのサイトに書いたユーミン系トリビア
もしかして、そこそこ有名な話なのかな?

ハイファイセットに提供した『スカイレストラン』と名曲『あの日に帰りたい』
の関係って面白いんだよね。
『あの日に帰りたい』には最初『スカイレストラン』の歌詞が付いてた。
これは元々ドラマの主題歌としてオーダーされたものだったが
歌詞の内容がイマイチ暗くてそのドラマにそぐわないので変更を求められ
現在の『あの日に帰りたい』に落ち着いた。
ボツになった『スカイレストラン』には新しい曲が付けられハイファイセット
に供給される・・・という流れらしい。
しかし・・・暗いから詞を変えろってユーミンに向かって注文付けるとは・・・
時代を感じさせるエピソードなり。
1975年のお話。

そんな訳でこの2曲は一卵性双生児のような作品なので、例えばカラオケで
『スカイレストラン』を選曲して『あの日に帰りたい』の歌詞を歌ってもぴったりと合う。
当然、逆もOK。
嘘だと思ったら下のページをプリントアウトしてカラオケ屋にGo!

http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/anohini_kaeritai.htm


スポンサーサイト
ドロップハンドル
こういうドロップハンドルの自転車に憧れていた時期もありました。
真子ちゃんの自転車の広告。

mako.jpg



真子ちゃん・・・これはデビュー当時かな?
ネット徘徊の最中に拾ってきたものですが、ハテ?どこでかは忘れてしまいました。
今の彼女からは想像できない健康美ですな。
今が不健康ってワケじゃないですけど(笑)
この頃はトレードマークだった八重歯が知らないうちに無くなってました。


スバル
我々の世代で尾崎と言えば普通は豊なんだろうけど、今回は紀世彦。
♪また逢う日まで の紀世彦。
もみあげがトレードマークだ。

2ebd12fa.jpg



って、ホントは今回のテーマは尾崎紀世彦ではなくネット徘徊の
最中に拾ったスバルレオーネのカタログ。
尾崎紀世彦をイメージキャラに据えているのだからこの車は
70年代前半のモデルだろうか?
クルマとしてはヒットはしなかったんだろうなぁ・・
あまり記憶に無いし。

65f477a8.jpg



レオーネは古くからパートタイム4WDを採用しているので田舎では
時たま見かけたけど、規模の大きいトヨタ、ニッサンから比較すると
やはりこの会社のモノは少ない。
時たま見かけるのも親父たちが乗るようなもっさりしたセダンタイプ
が殆どで、こんなクーペがあったことなんて知らなかった。

このモデルよりもずっと後になってレオーネツーリングワゴンが
少しブレイクし現在に至るレガシィシリーズの礎になる訳だけど
この時代は苦戦続きだったんだろうなぁ。

ちなみに私が初めて買った車はレオーネのバンでした。
ツーリングワゴンは高くて買えなかった。
・・・思わず遠い目。


55298ae0.jpg



カップやきそば
カップやきそばといえば「四角くって食べやすい!」でお馴染みのぺヤングに
代表される平べったい容器が殆ど。
「UFO」も「一平ちゃん屋台の焼きそば」も「BAGOOOON」も北海道限定の
「やきそば弁当」もみんな平面的だ。

but

かつて、このような形状のカップやきそばがあったのをご存知だろうか?

04.jpg


石立鉄男と嵐山光三郎 によるテレビCMで「自分でバンバンしなさい」という
コピーが一時流行したエースコックの『カップやきそばBANBAN』
調べてみるとこの商品はカップ焼きそば第2号の製品らしい。

私は食べた記憶があるんだけど底の方にソースが残ってしまうんだよね。
おそらくこれを見て思いついたんだろうけど、カップラーメンの味に飽きてきた時に
強引にお湯を切ってソースをぶち込みやきそば風に仕立てて食ったことがある。
ぺヤングよりも麺が細くて濃厚な味だったが、嫌いじゃなかった。


シンシア
毎年この季節になるとCDラックの奥から引っ張り出して聴く一枚。
シンシア=南沙織のベストアルバムだ。

saoriminami.jpg


収録曲はどれもこれもが懐かしいけど、お目当てのタイトルは10曲目
『春の予感-I've been mellow』

♪春の予感、そんな気分  時を止めてしまえば
 春に誘われたわけじゃない  だけど気づいて
 I've been mellow~♪

これは1978年に資生堂の春のキャンペーンに使われたCMソングで
作詞作曲はかの尾崎亜美。
とても春らしい曲なので毎年春先に聴きたくなる。

南沙織は太田裕美よりも更に上の世代のアイドルだけど好きだったな。
なんか知的な感じでさ。
そういえば太田裕美も南沙織もミュージシャンとか業界の人にえらく
人気があったという点が共通してる。
吉田拓郎&かまやつひろしの名曲『シンシア』はズバリ彼女に捧げ
られた曲だしね。
ところで『シンシア』って呼び名はプロダクションの作った愛称かと
思ってたけど彼女自身のクリスチャンネームなんだってね。
信仰心も厚く知的な彼女は大学進学の為に引退し、現在は写真家の
篠山紀信の奥様である。
引退後、一度だけ紅白に出たけど良かったな。
いい感じで年を重ねてるように見えた。
あれは1991年のことだったから更に15年以上見てないことになるけど
現在の彼女はどんな感じだろう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。