プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カキ氷製造機
そろそろ夏本番・・・ということで家庭用カキ氷機のチラシ。
タイガー魔法瓶工業株式会社謹製『タイガーベビーアイス』
物凄くいい笑顔はさすが白木みのる。
ナイスなキャスティングだ。

カキ氷機なのに何故かヘルメットプレゼントという
たいへんシュールなキャンペーンを展開中だった模様。

171011229_4.jpg


スポンサーサイト
ジャンプDNA
1988年・・・
今の仕事を始める時に「何かひとつやめよう」と唐突に誓いを立て小学校4年以来ずっと
読み続けていた『週刊少年ジャンプ』の購読をやめた。
普通は酒を断つとか禁煙をするとかだろうけれど、当時の私はまだ若くて、そのどちらかを
やめるなんてありえない話だった。
んで、仕方なく少年ジャンプを人身御供に差し出したわけだ。
若かったが、いい加減『少年』ではなくなっていたので後から考えてみると案外いい機会
だったのかもしれない。
不思議なもので、あれほど夢中になって読んでいた漫画雑誌でも数週間読まなければ続きなんて
一切気にならなくなった。
もっとも当時の私は立ち上げた仕事を軌道に乗せるのに無我夢中で漫画どころではなくなって
いたのが正直なところだが。

あれから20年が経過した。
この間、誓いを忠実に守り少年ジャンプには一切手を出していない。
たまに入る食堂とかに置いてあってもそれを取らずにスポーツ新聞とか週刊文春とかそんな感じのを読む。
だいいち20年の間に連載陣も殆ど代謝してしまったので、たかだか1週~2週分を読んでも肝心の
内容が分からずチンプンカンプンだろうからなぁ。

ところがここ数年、子供が漫画を熱心に読むようになった。
今、夢中で読んでいるのはワンピース、ブリーチ、アイシールド21の3作品でいずれも
週刊少年ジャンプに連載中らしい。
もっとも子供は週刊本は買わずにコミックスになったものを少しずつ買い足しながら
コレクションを増やしているようだけど。
女の子なんだから少女漫画でも読めばいいと思い勧めてみるのだがあーゆーのはちゃんちゃら
おっかしくて読みたくないとか生意気を言う。
サンデーやマガジンなど他の系列の少年漫画も同様で 「な~んか違うんだよねぇ」とか
なんとかいってあまり読まない。
んで、逆にオヤジに「これ面白いよ~♪」といって自分のお気に入りを勧めてくるのだ。
オヤジは馬鹿だからマンマとのせられる。
元より大好きなジャンプ系の作品だ。
ううむ・・・確かに面白い。
作品に友情・努力・勝利の3要素を巧みに織り込んだ少年ジャンプのDNAはいまだに健在なんだなぁ。
こち亀はまだやってるしなぁ・・・
娘も読むだろうし、また買おうかなぁ・・・

20年前に封印した週刊ジャンプ購入、娘の戦略によってその封印が今にも解かれそうだが「ハッ!」と我に返る。
いい年こいて少年も無い。
そうだ!絶対に無い!!

426289917_148.jpg



ガンバの冒険
438398706_165.jpg


『ガンバの冒険』は未だに私の中でナンバー1のアニメ作品。
30年以上前・・・1975年の作品だが今見ても古さを感じさせないクオリティの高さで
改めて名作だと実感する。
いい仕事したのは日本が誇るアニメ演出家・出崎統センセイだ。
TVアニメ史上に残る傑作との評価も高い。

438398706_68.jpg


原作は岩波書店刊「冒険者たち」斎藤 惇夫作の児童文学作品。
ねずみ達が力を合わせて白イタチのノロイと対決するお話だが原作では15匹の仲間なんだよね。
アニメ化にあたり7匹に数を絞った分、各キャラクターの個性が際立っている。
主人公のガンバの他にもクールなイカサマが人気だったかな。
当時、小学生のワタクシも夢中になって見てたけど白イタチのノロイがすげー怖かった印象が
今でも強烈に残っている。

438398706_232.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ガンバ、ガンバ、ガンガン、ガンバ!!
波が踊るよガンバ!  水平線だよガンバ!
ガンバ、ガンバ、ガンバと仲間達!!

しっぽを立てろホホホホホホ アホウドリがついて行く
島が見えるよガンバ! 島が見えるよガンバ!
ガンバ、ガンバ、ガンバと仲間達!!

ガンバ、ガンバ、ガンガン!ガンバ!!
ネズミ踊りだガンバ! 仲間が踊るよガンバ!

ガンバ、ガンバ、ガンバの恋人は
しっぽに歌をホホホホホホ アホウドリの羽根の上
焚き火を焚いてガンバ! 焚き火を焚いてガンバ!
ガンバ、ガンバ、ガンバと仲間達!!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

しかし「シッポをたてろ~!」っていう名台詞は秀逸だなぁ・・・。


キララ
klala.jpg


「時をかける少女」でブレイクした直後の原田知世をイメージキャラに据えた清涼飲料水。
今から20数年前・・・大学に行ってた頃だな。
金も無いのに一日一本は必ず飲んでたし。。
この頃はガラス製の樽みたいなボトルがちょっと流行ったです。


原田知世・・・
角川三姉妹の頃は「初々しい」とか「かわいい」って評価が多かったように思いますが
最近は「味がある」「独特の雰囲気がある」みたいな個性派女優になってきましたねぇ。
タイトルは忘れましたが、ちょっと前のテレビドラマでいじわるな姉の役をやっていたのが印象的でした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。