プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多っ子純情
1989年に漫画の神様=手塚治虫が亡くなった翌日の朝日新聞の社説を思い出す。
『外国人から大人でも電車の中で漫画を読む不思議な日本人と揶揄されてきたが
それはかの国に手塚が居なかったからだ』

58239049_204.jpg

そんな風土のクニで育った所為か、ガキの頃から山のように漫画を読んできた。
10代、20代、30代・・・それぞれの世代でそれなりに心に残る名作と出合ったが、
あなたの中でナンバー1はなんですか?と問われたら迷わずこの作品を挙げる。
長谷川法世の出世作『博多っ子純情』
九州博多を舞台に地元の中学生が成人するまでを描いた長編漫画だ。
その本質は飾らずひたすらリアル。
露骨な表現も目立つので女性読者の中には引いてしまう人もいるかもしれないが
全編に漂う大らかな昭和の空気がその露骨な表現をも暖かく包み込んでいる。
主人公達は私よりもほんの少しだけ上の世代かもしれないが時代的にほぼリアル
タイムといえるので共感できる部分が多く、同世代に九州で育った友達の自叙伝を
読んでいるかのような親近感を覚える。
私の少年時代には『山笠』は無かったけれど、ラーメンは醤油味だったけれど、
主人公たちが生きてきた世界にそのまま重なり合う、鮮やかで生き生きとした
少年時代を送って来たという自負が爽やかな読後感と共に残る作品だ。
今ではアクションコミックス版は絶版となり全巻の入手が困難な作品となって
しまったらしいが、こういうストレートな物語が発するひたすら純情でパワフルな
メッセージが今の時代には必要なのではないかと思う。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://natukasiya.blog93.fc2.com/tb.php/10-d9d1d81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。