プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランシーヌの場合
今年も三月三十日がやって来た。
毎年、この日になると思い出すのが新谷のり子の「フランシーヌの場合」

109892820_40.jpg


この曲に歌われている「3月30日の日曜日」は西暦何年のことでしょうか?
答えは1969年。
この日、ベトナム戦争とビアフラの飢餓問題に抗議してパリで焼身自殺した女学生
フランシーヌ・ルコントの事を歌った曲だという。
なんだか洋楽のカバーっぽい曲だけど純国産だって。
リリースは同年の6月。
事件から僅か2カ月での発売ってことになるけど、当時は相当ショッキングな事件
としてニュースが伝えられたのかな?
フランシーヌへの思いを込めてこの曲が出来たんだろうねぇ。

1969年3月30日といえば、私は幼稚園に入る直前。
だから初めてこの曲を聴いたのは幼稚園の時だろう。
当然、フランシーヌの壮絶な背景など知る由もない。
この曲の「あまりにもお馬鹿さん」という変なフレーズと「3月30日の日曜日」と云う
やけに具体的な日付が子供ごころに印象的だったんだろうな。

♪あまりにーも お馬鹿さん

今でもフランシーヌの本当の気持ちは理解できないと思うけど毎年3月30日には
「フランシーヌの場合」を口ずさんでいる。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://natukasiya.blog93.fc2.com/tb.php/26-dd403761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。