プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺内貫太郎一家
暇さえあればYoutubeの検索機能を使ってでいろいろな動画を見て回っている。
懐かしモノのキーワードを片っ端から入れて見ているうちに出てきたのが
この『寺内貫太郎一家』のオープニング。
出演者のイラストが次々と出てくるやつだ。



懐かしいなぁ
ん十年前の中学時代、水曜日の晩は必ずコレを見ていわ。

久々に見ながら、この貫太郎のイラストは迫力があっていいなぁ・・・
いつかプロフ画像に使おう・・・などと唐突に思い立ち、さっそく作業に取り掛かる。
いやはや、せっかちな暇人なのだ。

さてさて、そうこうしてる間に貫太郎のカットがいっちょ上がり!
しかし、他のメンバーも捨てがたいなぁ・・
とりあえず名脇役の由利徹と伴淳は外せまい。
同じ作業の繰り返しになるが作っておこう。

どれどれ・・・
こうやって昭和のオヤジイラストを三枚並べてみると・・・

kantaro.jpg
yuri.jpg
banjun.jpg


ううむ!壮観なり!!

頑固かどうかは置いといて、この平成の御世はこういった愛すべき尖がった
キャラのオヤジ達が少なくなったと思う。
プライドはともかく実際のところ平々凡々、平均点の事なかれ主義。
タテマエと自己保全しか考えていない大人たち。
・・・えらそうに書いているが私も既にその一人なのだな、と何やら
自嘲混じりに本日の日記を閉じるとしよう。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://natukasiya.blog93.fc2.com/tb.php/51-8b505c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。