プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんごのにおいと風の国
秋も深まり、私の住む信州ではいい具合に赤く色付いたりんごがたわわに実っている。
多くの果樹園で特産物の収穫の季節だ。
この風景を見ていて思い出したのはユーミンの名曲「りんごのにおいと風の国」

  ハロウィーン
  木枯らしのバスが夕暮れの街を過ぎれば
  うつむいた人々 どれもが似ている顔
  たぶん あなたの愛した
  私はどこにもいないの
  若さが創った美しすぎるまぼろし

  もういけない尋ねていけない
  わがままなあなたをゆるしそう
  ハロウィーン
  りんごのにおいと風の国へいそぎます

試聴はこちら
http://www.emimusic.jp/yuming/disco/07/index_j.htm

この曲が入ったOLIVEがリリースされたのは1979年。
そろそろ30年の歳月が経とうとしているのだが、その先進性はここで改めて
記すまでも無い・・・けど一点だけ。
今でこそTDLをはじめとする米国系テーマパークの積年必死の啓蒙活動(?)が
功を奏して、ほんの少しだけ我が国にも広まったようだけど、この曲がリリース
された1979年当時、ハロウィンなんてものを意識していた日本人がどれくらい
いただろうか?
更には、ハロウィンだからって何が何でもかぼちゃじゃなくて、りんごを持って
きたところ・・・その行事と林檎の季節との符号を巧に歌に織り込んだユーミンの
感覚はやっぱ流石と言わざるを得ない。

結局のところ彼女は育ちがいいんだろうなぁ・・・
リアル“りんごのにおいと風の国”の風景を眺めながら妙に納得。

yuming.jpg


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://natukasiya.blog93.fc2.com/tb.php/54-a7d870e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。