プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚めた時には晴れていた
mezame.jpg


この曲・・・伝書鳩というグループが歌っていたんだけど思いっきり古いから憶えてる
人は少ないだろうなぁ。
ちなみに伝書鳩のメンバーには後に作詞家として活躍する荒木とよひさ氏がいたらしい。
1976年に放送された浅丘ルリ子主演のテレビドラマの主題歌なんだけど、その五年前に
『二丁目三番地』ってドラマの主題歌としてビリーバンバンや赤い鳥が歌ったという記録も
残っているんだよね。
これにはちと驚いた。
こちらも浅丘ルリ子の主演で話題作だったので実家では毎週のように家族が見ていて
当時、小学校の低学年だった私も覗き見ていた筈なんだけどな・・・
主題歌は憶えていなかったよ。
幼過ぎて内容がいまひとつ分からなかったので5年後のドラマ主題歌の印象の方が強く
残ったってことかなぁ・・・だけど5年後といっても所詮はまだ小学生のガキだなぁ。
想像するにドラマの内容も詞の内容も殆ど理解していなかった筈で、これはもう
「ただ感覚的に好きだった・・」ってことだろうな。
とにかく、ひとつの楽曲に3パターンの歌い手がついて5年の時を経て2つのテレビドラマ
の主題歌として使われたなんて例を私は知らない。
それだけいい曲だったって事だろう。
いつかは「いいちこ」か「大分麦焼酎・二階堂」のCMソングとして復活するような気がする。

  目覚めた時には いつでも晴れてる
  あなたと私の 愛の暮らし
  たとえば涙が たとえば嘆きが
  密かに忍んで いるとしても
  この手のひら こう重ねて 愛と愛をつなぐの

こんな感じの詞だったかな。
伝書鳩バージョンはこちらで試聴可能。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1226433
ビリーバンバンのはこっちね。
http://7andy.yahoo.co.jp/cd/detail?accd=C1018538

さてさて曲のタイトルも長いけどドラマのタイトルはもっと長かった。
『二丁目の未亡人はやせダンプといわれる凄い子連れママ』
当時のドラマとしては異様に長いタイトルが評判になり、その後に続く「丁目+長名タイトル」
シリーズの礎となる。

『五丁目に咲いた恋は、絶対に結ばれないと人々は噂した』
『三丁目の古寺に、照る日曇る日、恋の雨』
『八丁目のダメ親父!カンナ・トンカチ・キリキリ舞い』
『六丁目のスパルタ寮母さんには、赤いバラのいれずみがあった!』
『七丁目の街角で、家出娘と下駄バキ野郎の奇妙な恋が芽生えた』
『九丁目、泣いて笑った交差点女の中の男一匹』
『一丁目物語ゴットマザーの二度目の青春』

調べてみると出て来る出て来る。
だけど「丁目+長名タイトルシリーズ」はその数の割には続いた期間が短かった。
記録によると最初の『二丁目』の初回が1976年3月、最後の『一丁目』の最終回が
1977年2月なのでほぼ一年をかけて「シリーズ」を完結させたことになるのかな。
ちなみに八作品中四作品の演出を石橋冠氏が担当している。
もちろんシリーズのきっかけとなった『二丁目の未亡人は・・・』もそう。
石橋氏は先に記した『二丁目三番地』の演出家でもあったので氏がこの曲が事のほか
お気に入りだったってワケですな。

後年の2時間ドラマに付いてる異様に長いサブタイトルはこの一連のシリーズがきっかけ
となったらしいけど・・・ほんとかな?

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://natukasiya.blog93.fc2.com/tb.php/58-4be7c12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。