プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感度良好~トランシーバー
昨年の10月から携帯電話の番号ポータビリティ制度がスタート。
85%という脅威の普及率は、逆に考えればもうそろそろ頭打ち状態
なのかもしれないが、巷ではこの分母を奪い合う三社三つ巴の激しい
バトルが展開されているようである。
携帯電話のように気軽に連絡を取り合えるアイテムの無かった時代の
コニュニケーションツールがこのトランシーバー。
携帯のルーツといえるかもしれない。


TOWER.jpg

まず一枚目は玩具のトランシーバー。
私もコレと同型のを持っていた・・・小学生の頃だな。
9Vの四角い電池を使ったのを覚えている。
たしか200mくらいしか届かなかった筈だけど結構その気になって
「○○クン聞こえますか?どうぞ」
「はいはい、感度良好、どうぞ」
なんて友だち同士ではしゃいでいた。
線も無いのに話せるってことだけで嬉しかった古き良き時代。
相手は見えてるし大声なら直に話ができる距離だったけどね(笑)


rj260.jpg

次の画像は中学時代に一部の同級生たちが所有し羨望を集めていた
ポータブルタイプのCB無線。
電波の利得も高く広範囲で連絡を取り合えるのが楽しそうだった。
そういえば彼らは独自のニックネームみたいなので呼び合ってたなぁ。
そんなやりとりも、ちょいと羨ましかった。
しかし、これは相当に高価なブツで当時の私には高嶺の花だった為
入手することはついぞなかった。
今思えば、既に子供のおもちゃじゃないわな・・・。


highdown39-img299x400-1161532233c550-3.jpg


最後は二十代の後半からから携帯を購入するまで数年間使用した
ハンディタイプのアマチュア無線機。
スタンダード(日本マランツ)
当然、免許もコールサインも取得した。
あの頃わたしゃパラグライダーをやっていて上空と地上で連絡を取り
あうのに使っていた他、車などで友人同士の相互連絡用に重宝した。
88年にヒットした映画「私をスキーに連れてって」でもコレが再三登場
してたので覚えている人も多いかもしれない。
無線が当時の若者の必須アイテムのような描かれ方をしていたので
免許取得率が急に上がったという逸話を聞いたことがある。
その後、携帯電話の怒涛の普及でほとんどの仲間がコレを使わなく
なってしまい、私の愛機も退役となった。
探せば今もどこかにフルセットあるだろう。
思えば、このアマチュア無線には随分と投資したような気がするが
今となっては勿体無かったような・・・それでも充分楽しめたのだから まぁいいか。。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://natukasiya.blog93.fc2.com/tb.php/6-01e5ff5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。