プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローラーゲーム
その昔、日米対抗ローラーゲームというTV番組があった。
多分、テレビ東京系(当時は東京12チャンネル)で実況は土居まさる
だったと思う。
日本のチーム「東京ボンバーズ」がヒールの米国チーム群と闘うという
筋書きのあるゲームで人気が高かった。

oldbumbers1.jpg


ローラーゲームは本場アメリカではローラーダービーと言われている
エンターテーメント性の高いスポーツだ。
完全なチーム戦であり、現在のショートトラックリンクくらいのサイズの
ところを敵味方双方5人づつの選手がガラガラと回る。
オフェンス側のチームは半周遅れでスタートし、ポイントゲッターが
敵チームの選手を一人抜く毎にポイント加算されるというルール。
ディフェンスサイドはそれを殴る蹴る引きずり倒すの荒業で防ぐ。
オフェンスの他のメンバーはその妨害を更に防ぎながらポイント
ゲッターを加速させる為にホイップという技で前に投げてやる連携
プレイも魅力だった。
足を使ったレッグホイップは大柄な河野選手の得意技だったなぁ。
このように大変にバイオレンスでエキサイティングなゲームだが
反則に対しては一応ペナルティもあり、トラックの中の変な囲い
(ペナルティボックスとか言ってた)に一定時間入っていなければ
ならなかった。

敵チームのマネージャーが絵に描いたような悪役で、思いっきり反則の
妨害工作をボンバーズの選手に対して堂々と行う。
選手じゃないのでペナルティの対象外だったのかな?
細かいところは良く憶えていないけど、非道な反則に耐えに耐えた
東京ボンバーズが最後には勝ち、件の悪役ジャーマネもコテンパンに
されるというお決まりのシナリオ。
ちょっと考えれば「ありえない」と分かりそうなものだが、それも水戸黄門
のラストで観る予定調和のように小気味良くて、毎回興奮してテレビに
釘付けになってた。
そう、あれは小学校時代だったなぁ・・・

一度だけローラーゲームが興行で前橋市にやって来た。
この時、運良く東京ボンバーズの活躍を生で見ることが出来たのだが
いやはや興奮したなぁ・・・
ミッキー角田が相手をかわしながらリンクサイドのフェンスに華麗に
飛び乗ったシーンは未だに強く目に焼きついているよ。
友人と「レッゴー!ミッキー!!」と狂ったように叫び続けた。
あの時の敵チームはフィラデルフィアなんとかいうところだったが
こっちはまるで記憶に無い(笑)

33bc8884-s.jpg


ミッキー角田
リッキー遠藤
ボビー加藤
河野和夫
佐々木ヨーコ

少年達の憧れだった当時のスター選手たち。
今はどこで何をやってるんだろう?


モノクロ
思い出はカラーだろうか?
モノクロだろうか?

先日放送されたNHKアーカイブスでゲストの石坂浩二さんがこんな
事を言っていた。
石坂さんの思い出の多くはモノクロなのだという。

私は・・・う~ん?? どうだろうか・・・
カラーのシーンもあればモノクロのシーンも確かにある。
セピア色の思い出とかもよく言うよなぁ・・・

モノクロ?
カラー?
セピア色?

元来、モノクロなんて概念は写真技術が開発されてから生まれたもの
だろうから、本当に記憶だけに頼る思い出は全てカラーであると考える
方が自然だろう。
ところが、人間の記憶なんてものは甚だあやふやで己が脳みそ単体
では思い出の何分の一も再現できまい、と思う。
そこで当時の写真やテレビや映画といったモノを触媒にして思い出の
風呂敷を広げるのだろう。
しかし、その触媒たる写真などがモノクロだと引き出された思い出も
それにつられてモノクロになるって感じだろうか?

たぶん、そうなんだろうなぁ・・・

ところで今の子供たちの思い出ってカラーなんだろうか?
石坂浩二さんも同様のことを言っていた。

先に述べたような理屈なら現在は写真もビデオも全てがカラーなので
思い出だって総天然色と考える方が普通だろうなぁ
私は分からないが今度、子供に訊いて見ようと思う。

皆さんの思い出はカラーだろうか?
モノクロだろうか?

haikou.jpg


テーマ:雑記 - ジャンル:サブカル

ガンバの冒険
438398706_165.jpg


『ガンバの冒険』は未だに私の中でナンバー1のアニメ作品。
30年以上前・・・1975年の作品だが今見ても古さを感じさせないクオリティの高さで
改めて名作だと実感する。
いい仕事したのは日本が誇るアニメ演出家・出崎統センセイだ。
TVアニメ史上に残る傑作との評価も高い。

438398706_68.jpg


原作は岩波書店刊「冒険者たち」斎藤 惇夫作の児童文学作品。
ねずみ達が力を合わせて白イタチのノロイと対決するお話だが原作では15匹の仲間なんだよね。
アニメ化にあたり7匹に数を絞った分、各キャラクターの個性が際立っている。
主人公のガンバの他にもクールなイカサマが人気だったかな。
当時、小学生のワタクシも夢中になって見てたけど白イタチのノロイがすげー怖かった印象が
今でも強烈に残っている。

438398706_232.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ガンバ、ガンバ、ガンガン、ガンバ!!
波が踊るよガンバ!  水平線だよガンバ!
ガンバ、ガンバ、ガンバと仲間達!!

しっぽを立てろホホホホホホ アホウドリがついて行く
島が見えるよガンバ! 島が見えるよガンバ!
ガンバ、ガンバ、ガンバと仲間達!!

ガンバ、ガンバ、ガンガン!ガンバ!!
ネズミ踊りだガンバ! 仲間が踊るよガンバ!

ガンバ、ガンバ、ガンバの恋人は
しっぽに歌をホホホホホホ アホウドリの羽根の上
焚き火を焚いてガンバ! 焚き火を焚いてガンバ!
ガンバ、ガンバ、ガンバと仲間達!!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

しかし「シッポをたてろ~!」っていう名台詞は秀逸だなぁ・・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。