プロフィール

懐かし屋

Author:懐かし屋
1963年群馬県に生れる。
懐かしいモノ全般・昭和の時代が持つ独特の雰囲気が好物。

最近の記事

カテゴリー

スポンサード リンク

最近のコメント

Total access


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

懐かし屋の思わず遠い目
ちょっとだけ懐かしいモノの昔語り。 記憶のままに書き綴り、気が付けば思わず遠い目。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めし
1962144_3358565786.jpg


食堂の看板で「めし」の二文字。
なんて直球勝負な表現なんだろう。
こういうの大好き。
三船敏郎扮する用心棒がふらりと立ち寄りそうな、そんな響きがある。

めし看板。
国道沿いにこういう看板を見かけなくなって久しい。
子供の頃はわりと頻繁に見てたような気がするのだが何処に行ったんだろう?
「お食事」とか「ランチ」とか、そんなフヌケた表現に変えてしまったんだろうか?
それとも時代に押し流されあえなく潰れてしまったんだろうか?
後継者がいなかったのだろうか?
良く分からないけど、ほんとに少なくなったよ。

時々親父がこの「めし」看板を掲げている店に連れて行ってくれた。
こういう所で食べるどんぶり飯の迫力が少年のチャレンジ魂を育てたものだ。
そんなことを思い出しながら車を走らせてたら見つけたのが上の写真。
時刻は12時を少し回ったところ。
よし!今日はここで昼飯だ。

店内に入る。
思いっきり昭和な店内。
OK・・・期待通り。
さて、お品書きの一部

me.jpg


この調子で3ページ分あり
安い。

玉子焼き定食とか目玉焼き定食とかモヤシ定食とかが気になる・・・
この写真にはないが、どんぶりモノも麺類も気になる。
う~ん・・・どうしよう??
迷った時は一番出てそうなメニューを選べって言うではないか。
誰がだ?
ま、そういうことで日替わりをオーダーした。
でも、良く考えたら私以外の客は皆常連さんみたいだ。
だからみんな日替わり頼んでたのかな?
一見さんで日替わりもねーか・・・と思いつつ待つ。

出てきた日替わり定食

mesi.jpg


小海老とイカを寄せ揚げしたようなフライが目玉。
デジカメで写真撮ってる私を不思議そうに常連が見ている。
そうだろうなぁ・・・(笑)
まぁ普通に旨かったよ。
でも、お上品なグルメ野郎には近寄って欲しくないがね・・・
と、やさぐれた三船敏郎の気分でがっついた。

お支払いの時、店の人に思わず聞いてしまった。
「ここのモヤシラーメンはトロっとしてるやつ?それともさらっとしてるやつ?」
要は広東麺みたいに片栗粉でとろみをつけてるかどうかを聞きたかったのだが
変な表現だったかな?
でも店員さんはちゃんと理解してて「うちのはさらっとしてる系です」と・・
「よしゃ!!じゃ、今度それ食べに来ます!!」と言って店を出た。
いいとこ見っけた(喜)


チェリーブラッサム
seiko2.jpg


毎年、この季節になると「春」をテーマとした楽曲をいくつか思い浮かべ
そのナンバーは例の脳内BGMとして頭の中にとめど無く流れ出るのだが
「チェリーブラッサム」もそうしたラインナップのひとつである。
松田聖子の夥しいヒット曲群の中にあっては少し地味目なポジションであるが
財津和夫が作った明るい曲調が、まだ初々しい彼女に良く似合ってる。
と、そんな風に思う。

この人は私よりもひとつ年上だ。
同年代の旧友たちの中には彼女のファンがたくさんいた。
私はそれほど夢中にはならなかったのだが、瞬く間にトップアイドルの
階段を駆け上がっていく彼女は連日のようにブラウン管に露出したので
私の記憶と印象にも彼女の歌声と笑顔はごく自然と刷り込まれていった。

それほどのファンではないので僭越だが、もし「彼女の曲の中で一番好きなのは?」
と尋ねられたら、おそらくこの曲を挙げるだろうなぁ。


♪ツバメが飛ぶ青い空は 未来の夢 キャンバスね

新しいことが始まる春、未来の夢が無限にあって
夢を語ることに何のためらいも無かったあの頃
頭の中にしっかりと刷り込まれていたフレーズを今聞くと遠い目になる。

♪自由な線 自由な色 描いて行くふたりで

あの頃は真新しいキャンバスにまずどんなラインを引くのか、それを決めるのが
不安でしょうがなかったのに、今では自由な線を思い通りに描ける頃がとても
懐かしくもある。
二十数年の時間の中で何度も何度も絵の具を重ね塗りしたキャンバスには
重々しいマチエールが広がってしまった。
描き直しをしようなんてとても思えない・・・かな?(笑)

こんな風に今とのギャップ、そのコントラストを強く感じるのは歳月を経て
いるので当然だが、それでも尚この曲が好きだ。
純粋に未来を夢見ていた青い頃が思い出されて、なんとも気恥ずかしくなるが
あの頃の自分もまた自分なんだと再認識し、今の自分がココロモチ前向きに
なれるような気がするのだな。

やっぱり春はいい。


スクールメイツ時代の
ネット徘徊の途中で拾った懐かしい画像。
懐かしいと言うか・・・正直言って知らない時代だなぁ。

343921294_151.jpg


343921294_213.jpg


スクールメイツ時代のキャンディーズ。
雑誌の懸賞かキャンペーン企画なんだろうね。
三人いるからかろうじてキャンディーズなのかと思うけど
バラで予備知識無く見せられたら特定できる自信が無い。
スーちゃんとミキちゃんはなんとなく面影があるかもねぇ。
とにかく一番変わったのはランちゃんだな。

それにしてもアイテムに時代を感じさせます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。